オンカジ 確定申告

ギャンブルで真面目に税金を申告している
こんな話はあまり聞きませんが

オンカジともなると
巨額の勝利金を手にする可能性があります

そんなときのために覚えておきたい
確定申告のときの計算方法!

勝利金を手にした金額
   |
その勝利金を得るために投入した金額(元手)
   |
500000(特別控除額)
   ×
 1/2
  ❘❘
課税対象額

この計算式で出された金額が一時所得となり
課税対象として自主的に確定申告して納税することになります

年間で50万円以上、ギャンブルで稼いだとき
確定申告のことを考えないといけないというわけです

多くの人が考えることかもしれませんが注意したい
負けた賭け金額は控除とはなりません
純粋に勝利したときの賭け金額が元手(必要経費)として認められます

トータルの純利益とは関係なく
株の売買による配当所得のように内部通算ができません

一時所得は、1回ごとの勝負に完結して金額を把握することになっています
特別控除額50万円とありますが
1回ごとの勝負に控除されるものではありません
あくまでも年間の控除額が50万円ということです

確定申告をするとき雑所得として記入することになり
他に仕事をしていて収入がある人の場合
給与所得や事業所得等と合算して確定申告をすることになります

申告者の年収や扶養家族等の有無などの違いにより
税金として課税される税率がどのくらいになるのか?
これはさすがにわかりません
一般サラリーマンとしては10%ぐらいというところでしょうか?

それでも桁違いの勝利金をいきなり手にしたら
最高税率を課されるかもしれませんね

飛び上がって嬉しいことかもしれませんが
嫌な面倒な人に絡まれてしまうかもしれません

とくにサラリーマンともなると
税金について隠すというのが難かしい職業ですからね