オンカジ ブラックジャック

オンカジで楽しめる
ライブのブラックジャックについて

最初ゲームを開始するときにする
1枚カードを引き、出た数字分だけカードを捨てて
それ以降、新しいゲームが始まるたびに最初の1枚を捨てていますが
これは本場のカジノでも同じ事をしているのでしょうか?

また、オンラインでの使用デッキは8なのですが
これも同じですか?



本場のカジノ、という意味がよくわかりませんけど
オンラインであってもブラックジャックはブラックジャックです

ラスベガスでは1デッキ、2デッキ、4デッキ、6デッキ、8デッキの
ブラックジャックがありました

出た分だけカードを捨てる、1枚だけ捨てる、捨てないなど
カジノによってさまざまです

カタツムリというエンドレスシャッフルのマシーンを使うカジノも多くあります
8デッキだけど半分しか使わないところも多くあります

シャッフル後、最初のゲームのときに1枚カードを引いて多数のカードを捨てる
この方法は、あまり一般的ではないのではないかとおもいます
しかし、それ以降新しいゲームが始まるたびに最初の1枚を捨てる
これは、普通のカジノでも行われていることです

この意図は、一番先頭にあるカードの背に傷などがあった場合
第一プレイヤーはゲームスタート前にそのカードが自分にとって有利か不利かがわかってしまう
この恐れがあるので、その最初のカードは捨てて
背が見えていない2枚目のカードからゲームを始めるところにあります

その意味で、最初のゲームのスタート時でも同様に先頭の1枚だけ捨てれば用は足りるはずですが
より公正であることをアピールすために、はじめの1回だけ捨てる枚数を可変にしているものとおもいます



本場のカジノでブラックジャックをプレイする前に
オンカジの世界で腕を磨いておきましょう♪

多くのカジノハウスが参加する
「ライブカジノハウス」
  ↓

多くのディーラーが在籍している
「エンパイアカジノ」
  ↓

ヨーロッパ生まれで人気があるという
「ベットティルト」
  ↓